ドキュメンタリー 渡り鳥

 この前、たまたまテレビをつけたら、フランス監督ジャック・べランのもとで作られた傑作「WATARIDORI」が流れていた。過去に一度鑑賞したことあるものの、二度目見ることにより、作品の芯まで触れ合うことができた。鳥たちは生きるために、飛び続く。旅の途中でコースを完成しないまま命を落とす鳥は数え切れない。猟銃で撃たれる、人間の作り上げた工業による汚染物質に巻き込まれる、強風にさらされ体力を奪われるなど沢山の命が落とされる。
 さすがの巨匠であるジャック・べラン。見る目線、世間に向けて訴えるものなど探究心は半端ではない。20億円という巨額に三年間という月日をかけて作りあげた作品だけてあって、魅力たっぷりのドキュメンタリーなのだ。エコがどれだけ必要であるかを痛感させられた。

カテゴリー: 未分类 | コメントをどうぞ

振り返り

 6月12日に日本から共同制作チームのメンバーたちがフフホトに駆け付け、こちら側の関係者と合流し、本題について意見交換を行った。中日蒙の三カ国の専門家による会合が15日までの三日間だったが、共同制作という基本合意には達した。念願の夢を実現させるために、いくらかの犠牲が生じるのは覚悟してのことだ。一応制作完了時期として来年の6月に制定しておいた。

カテゴリー: 未分类 | コメントをどうぞ

脚本は完成される

アニメ制作の企画をし、模索すること数ヶ月やっと台本を完成することができた。僕が書いたものを現地の著名な劇作家に手渡し、監修してもらい、出来具合をさらにアップし、6月12日に日本からの専門家を迎合してから、制作の現場で使用されることになっている。国際に通用されるような作品に出来上がるといいなと期待感を胸に励む日々だ。

カテゴリー: 未分类 | コメントをどうぞ

内モンゴル海運会社

かつて、チンギスハーンを初めに、フビライハーンなどのモンゴルの皇帝たちがユーラシア大陸を制覇し、例に見れない巨大帝国を築き上げたのはご周知のことだ。だが、彼らは支配下に置いたのはほとんど陸地ばかりだった。海洋を越えてまで膨張することはなかった。彼らは海とは無縁のように終始海という領域で活躍することはなかった。その遣り残しの事業を受け継いだかのようにH氏は10年もの歳月をかけて、今年の5月中に内モンゴル海運会社を設立することに成功した。何より大変だったのは謄本書への許可だった。立ちはだかる壁は多かった。数々の難関を突破して、やっと看板を手にしたのだ。
今後、内モンゴル自治区の豊富な資源が自分たちのルートや船で中国の海岸地方、もっと言うと海外まで運ばれるになるのだ。それは今後の内モンゴル自治区の発展に繋がる大きな出来事だと捉えて良いと思う。

カテゴリー: 未分类 | コメントをどうぞ

黄砂の季節

年に一回のいやな季節が始まった。黄砂が天と地を繋ぎ、人々の生活を容赦なく吹き荒らす。砂は強風によって、勢いよく飛び交い、海を越えて彼方の韓国と日本まで飛来する。こうなる度に、心の底から日韓に向けて「ご迷惑をかけて、ごめんなさい」とお詫びしたくなる。一生懸命植林して、環境改善に努めるから、我慢強くお待ちしてください、隣同士よ。
 

カテゴリー: 未分类 | 1件のコメント

さらば!aduumini

 約8年間も使ってきたメールアドレスがいきなりウイルス感染により、使えなくなった。ショックは計り知れないほど大きい。何よりも多くの友人と連絡が取れなくなったことだ。今後tvcentre2008@hotmail.comという新しいメールアドレスを使用することにした。

カテゴリー: 未分类 | コメントをどうぞ

墓参りの日

4月5日、中国ではこの日を墓参りの日としている。昔から人々はこの日を選んで、よく先祖のお墓を訪れ、お線香を点し、供養してきたのだ。ところが、最近墓参りせず、道端や一通りの少ないところで、見せ金(中国ではお金の代替物として使われてきた紙)を燃やして、供養に関する言葉を並べてつぶやくだけで済ませるようになっている。
 何といっても、これは中国流の墓参りと言ったほうが妥当なのだろう。
 この日、恐らく数億人にも昇る人たちが先祖のためにお祈りを捧げたのだろう。ついでに、戦場となったリビアの無実の犠牲者たちに一言ご冥福の言葉を呟いてほしい。

カテゴリー: 未分类 | コメントをどうぞ