釘に逢う

 昨日、午後3時頃にUHBの細谷さんに会うために、相棒の平川さんに車でUHBまで送ってもらった。会社に着いてから細谷さんの電話を鳴らしたものの、本人が一向に電話に出なかったから、忙しくしているのかなと思い込み、面会するのを諦め、行き先を変え、北12丁目にある同郷のバトスレンさんの家を目指した。
 バトスレンさんは内モンゴルのバヤンノール盟出身で、内モンゴルの名門高校から優秀な成績で中国屈指の北京大学に入学し、地質学科を主席で卒業された頭脳派人物なのだ。1999年に、彼と妻のナラントヤに僕ともう二人を含めた5人チームで日本に上陸し、留学の生涯を歩み始めたのだ。彼は現在夫婦と共に、北海道大学の博士課程で研究に没頭している。
 2003年以来の5年ぶりの再会に、お互い嬉しさを隠せなかった。目出度いことに、妻のナラントヤさんは子供を授かっていて、もうすぐ出産日を迎えようとしていた。
 彼の家で夕食を取っている最中に、電話が鳴り出した。細谷さんからのお詫びの電話だった。編集作業に集中し過ぎて、電話に着信音に気づかなかったそうだ。今日の午後に会うことで一致した。
 先ほど、テレビで嬉しいニュースが流れた。日本大相撲のモンゴル巡業のために、朝青龍が母国に帰還した。盛大な歓迎式に本人も上機嫌!両横綱の母国での対決に注目!
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中