迷信の世界が注目される

 相棒の平川さんと夕食を共にし、晩酌を啜りながらテレビで流れている心霊スポットや霊媒師による悪霊祓いなどの内容の番組を見た。迷信とかは現代社会では、無視される存在だったのが、近年日本では、注目され始めた。占い師をゲストにして、一つの番組を作っちゃうくらいだ。代表的なの細木和子、江原などによる番組なのだ。この二人は番組だけに留まらず、執筆活動も行い、何冊もの本を書きあげている。しかも、その本が本屋さんでは、ベストセラーコーナーに置いてあるというのが不思議でしょうがない。占い師、霊媒師、迷信などが注目され始めた根拠は何だろう?恐らく、現代社会は矛盾だらけで、そうした社会の中で生きている人間の心も不安定にあるからだと思う。
 9月5日に韓国に行くつもりなので、旅行会社に電話をし、チケットを予約しといた。今日、韓国領事館に行ってビザ申請を行う。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中