映画「鳥の巣」

 北京オリンピックが幕を閉じて、もう既に一ヶ月経った。鳥の巣の形をした国家体育館がスイスに本社を置くH&medのヘリツォークの設計でオリンピックのスタジアムとして誕生した。しかし、作業と同時に映画の撮影が進行されていたのは、恐らく知られていないことだろう。スイス人監督の元で撮影された映画のタイトルは「鳥の巣」なのだ。建築と人間を対象に撮影された映画のメッセージはいかなるものか。興味深い!そういえば、人間と建築或いは身の周りの物と密接に描き続け、強烈な表現の仕方の持ち主がいた。石田徹也、31歳という異例の若さで他界したが、彼の残した作品の数々が人々の心を動かすものばかりだだった。特に彼の「飛べない人」という一作が印象的で、何か真珠湾戦争の際、米軍の空母に飛行機で突っ込んでいく神風隊を思わせるような作品だった。彼の表現の仕方は独特で、今までにない描き方だ。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中