風のガーデン

 「北の国」以来の大作が視聴者の目に届けられる。今日の22時からドラマや映画の脚本家で、巨匠の倉本聡がプロデュースしたドラマ「風のガーデン」が放送される。脚本の内容は倉本聡本人の人間相そのもの反映させるようなもので、テレビ局のプロデューサーや映画界の人を泣かせるくらいの勢いなのだ。ドラマのストーリーも素晴らしいが、そのストーリーの裏にまた感動を呼ぶ事実が明かされることになった。ドラマの中の主人公のお父さん役を演じる緒方拳が肺癌に患いながらも、病院に通わずに耐えたまま5年もの月日をドラマや映画に費やしてしまう。病気のことは誰にも言わずに、闘ってきたが、とうとう5日肝臓が破裂する挙句に帰らぬ人となった。緒方拳は真の侍だと僕は確信している!
 
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中