問題再発

 毒餃子事件は日中両国の廃校問題まで発展し、度重なる首脳会議まで持ち込まされたものの、決着つけずのまま棚上げされてしまった。人々の記憶にまだ新しい事件に続いて、乳児授乳用の粉ミルク毒性物質が検出される騒ぎとなり、それを飲んだ乳児が腎臓結石症を患うなど多数の被害者を出した。スキャンダルはそれだけに留まらず、またもや耳の痛い事件が生じた。中国製のインゲンに日本の基準を遥かに超えるジクロルボスが含まれていたことが発覚された。それを食べた八王子在住の女性が痙攣や唇が痺れるなどの症状を起こし、救急車で病院に搬送されたそうだ。食への不安は募るばかりだ。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中