PCの救助活動

 お昼頃にUHBの細谷さんと面会し、向こうで撮影してきた植樹ツアーのファイルと北京オリンピック開幕式のDVDを贈呈する。細谷さんと今後の動きについて話し合い、ご指導や貴重なアイデアを頂いた。細谷さんのおかげで、人脈の点では予想以上に膨らんだ。今後も我が東亜メディアの活動上では、欠かせない後援者の一人として起用したい。
 昨日からPCの調子が悪くて、仕事もできない上、思考停止状態になり、ムード的にも落ち込んでいた。現代の人間にとって、パソコンがどれほど重要な位置占めているのかはこの一例から予測される。パソコンの調子が悪いと気持がいらいらし出し、落ち着かなくなる。生活の一部になるというよりも寧ろ身体の一部になっていると言い切れるであろう。現代の人間は現実よりも、バーチャルの世界を好む傾向にある。現実から逃避し、バーチャルゲームに麻痺される人間は21世紀の新人種だ。この新人類によって、社会も歪み始めている。
 その病的なPCを抱えて、北大の工学部にて研究に専念しているバトスレンさん宅に邪魔する。彼はパパになってまだ2ヶ月しか経っていない。彼は家庭というものの充実間、円満を結婚してから初めて享受しているようにも見えた。その彼にパソコンの修理を頼んだところ、模索すること3時間、死に掛けていたPCがやっと蘇りを見せる。よかった!これで気持の苛立ちが解消できた!ありがとう!PCドクター!
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中