もう一人のモンゴル人大関の誕生

 日本の相撲界に30人ものモンゴル人関取が健闘している。旭鷲山という技のデパートと言われる小結の位置まで上り詰めたのが第一号だった。彼の活躍によってモンゴル国で大相撲フィーバーが巻き起こされた。この現象のおかげで、多くのモンゴルの若者が関取になるという夢を抱えて日本にやってきた。今では、両横綱までもモンゴル人に入れ替わられた。それに続いてもう一人のモンゴル人大関が今場所の取り組みによって確定された。安馬、幕内最軽量でありながらも最上位の関取を揺るがす実力を身に付けているの。敬意を払う価値のある選手だ!
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中