金嬉老

ウィキペディア:人生をより良くするプロジェクト。
 

金嬉老事件(きんきろうじけん)とは1968年2月20日に39歳の在日韓国人二世の金嬉老(キム・ヒロ、きん きろう、本名:権禧老(クォン・ヒロ)、日本名:近藤[1]安広(こんどう やすひろ))が犯した殺人を発端とする監禁事件である。

寸又峡温泉旅館に宿泊中の13名を人質として篭城し、在日コリアン差別問題と絡めて警察官に謝罪を要求した。その後、篭城する様子がテレビ等で実況され関連する警察官がテレビ出演するなどした。評論家大宅壮一がこれを評して「警察をメディアが仲介しているようだ」と述べたように、劇場型犯罪に近い様相を見せていた。

[編集] 事件概要

1968年2月20日、手形トラブルが高じて暴力団から借金返済を求められた金は借金返済を約束して静岡県清水市(現・静岡市清水区)のクラブで暴力団員と面会。その場で暴力団員のうち2名をライフルで射殺したのち、翌日には同県榛原郡本川根町(現・榛原郡川根本町寸又峡温泉の旅館で経営者・宿泊客ら13名を人質として88時間にわたり篭城した。篭城の結果、犯人は報道関係者に変装した静岡県警察の捜査員によって取り押さえられ逮捕された。

事件の直接のきっかけは借金返済問題であったが、ずっと以前に目撃した警察官による在日韓国人・朝鮮人への蔑視発言について謝罪することを人質解放条件として要求しそれ以外の要求がなかったため、差別問題と絡めて報道されるに至った。また母国である大韓民国でも報道が行われ、韓国マスコミでは差別と戦った英雄として取り上げた。

[編集] 裁判

金は静岡刑務所未決監独房に身柄を移され殺人罪監禁罪、爆発物取締規則違反で起訴された。裁判では金の在日朝鮮人としての生い立ちがどれほどの影響を与えたかとが主な争点となった。

裁判中に刑務所内での金に対する特別待遇の実態が判明する。金の独房は施錠されておらず散歩や面会なども自由で脱獄手段に用いられる出刃包丁、ヤスリ、ライターなどを持ち込んでいた。これは金が自殺をほのめかしたりして、規則違反がエスカレートしたものだった。

特別待遇は刑務所上級職員の間で申し送り事項になっていた事実も判明し、刑務所の管理体制が問題となって衆議院法務委員会でも責任追及がされる。その結果、法務省矯正局長以下13人の法務関係者上級職員、専従職員13人が停職・減給・戒告・訓告などの処分を受けた。包丁を差し入れたとされる看守が後に服毒自殺をしている。

1972年6月、死刑求刑に対し静岡地裁は無期懲役の判決を下す。1974年6月、東京高裁が控訴棄却。1975年11月4日最高裁が上告棄却し無期懲役が確定。千葉刑務所で服役。

1999年9月に70歳で仮出所。東京保護観察所を経て、更生の為に適当との判断から祖国である韓国釜山に移り住む。

[編集] 帰国後

韓国政府から助力を得、釜山にて新生活を始め結婚もした。だが2000年に講演会がきっかけで親密になった愛人の夫への殺人未遂放火および監禁事件を引き起こした為、逮捕され服役した。そのため、韓国での彼の人気は地に落ちたという。現在ではその愛人と一緒に生活しているという。

上記のように、40年前に起きた事件がこの間、日本のテレビ再度取り上げられた。今までは事件の引き金を引いた金嬉老を敵として扱っていた日本のマスコミが、そこまでの姿勢を崩し、一変した。金嬉老のことを民族差別問題を日本社会に一早く提起し、日本政府の対応を痛烈に批判した代表として見なされるようになった。韓国で長年に渡って英雄として称えられてきたわけはわからなくもないことだ。それにしても、日本の民主化は本当に成熟段階に達しているように捉えられた。

広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中