東亜奮闘記

 現代社会ではアイデア一つで、文無しから一躍何もかも手に入いるような生活を取り寄せちゃう人間だっている。アイデアある人はどんな時代でも心強く生きていられる。世界一の富豪ビルゲイツは大学時代に開発に目覚めて、そっちの方にはまり、通っていた名門大学を退学し、大学生生活に終止符を打った。後に公の場で「才能ある人にとって大学に通うなんてまったく時間の無駄だ」と言い放ち、学校関係者の反発を招いてしまったのだ。
 そういう意味で、相棒と僕も毎日のように頭をフル回転し、東亜メディアにとっての次なる作戦を考える。今日も二人で広告会社のアサンに行って、我が社のホームページの中国語バージョンを制作するために、打ち合わせに臨んだ。具体的な案は練ったが、それが我が社の躍進につながるかどうか、運命の瞬間を待つしかない。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中