現金輸送車強奪事件

 夕べ、フジテレビで40年前に起きた現金輸送車強奪事件関連の特集が放送された。奪われた金額は3億円。今の価値で換算しtら、20億円という大金に等しい。
 皮肉なことに、犯行当時現金輸送車に日本信託銀行の職員4人も乗っていたにも関わらず、たった一人の若造(証言によれば、犯人は20代前半の者だったそうだ)手口によって騙され、わずか3分間で言われるがままに3億円を現金輸送車ごと持ち逃げされた。そして、なんとその犯行の手口はまた巧妙で驚かされるものだった。犯人は普通の青い色のオートバイを白い色のペンキで塗り、警察官の服を着装し、完全白バイ隊員に成り済まして計画通りに犯行を実行したのだ。事件は40年以上たった今も捜査への目処に至っていない。犯人像すら割り出せていない迷宮入りの事件となった。犯人は一攫千金し、地球のどこかで日本の警察を嘲笑いながら、生きているのに違いない。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中