ロシア文学の巨匠

 ドストエフスキー(1821~1881)、ロシア文学の巨匠。著作の「罪と罰」は120年以上経った今でも、幅広く読まれ続けている。その人気の謎に僕が迫った。主人公とされる大学生(男)は貧乏脱出のために、資産家の老婆を襲い、資産を奪うことで人生を逆転させようと企んだものの、その目的を果たすおころか、足を踏み外れ、自分の妹を殺害してしまい、追われ身となった。その残忍な考えを持つ自分を懲らしめようとして修行の旅に出た。結果はどうなるかは、次のステップでご紹介する。 
 当時の人物や環境をありのままに、目に見えるほど比喩したことに僕のドストエフスキーの凄さを実感した。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中