フフホトの不動産情報

 午前中、髭監督から電話がり、一年かけて撮影した映画の「セチンハンルー」が後期制作の段階にあるので、完全版ができるまであと一ヶ月かかるし、2分間のトレーラーを作るのに映像が乱れる可能性があると言われる。だとすれば、4月中に札幌にて行われるチンギスハーン展示会が不利に回されることになる。音の処理をしていなくてもいいから、素材だけを持っていくことを監督に提言し、許可をもらう。
 今日は大昭(お寺が立ち並ぶ所)に行き、新しくできたアラタンハーン広場周辺の建物の家賃情報を入手した。一平米当たり1.6元という。金融危機の影響を受けたものの、不動産業は少しでも衰えを食らった様子なく、毅然として高価のままだ。さすがの20%という脅威的なスピードで発展してきた内モンゴルだからか。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中