彭德怀元帅の戦術はどこから来たか?

 中国十大元帥の一人とされる彭德怀元帥の戦いぶりは世界中でも有名なのだ。新中国の建立に当たって、その貢献度は計り知れない。1950年に勃発した朝鮮戦争を機に、中国は援軍を派遣することを決めた。その時指揮を執ったのは彭德怀だった。彼は得意な戦術でアメリカを打ち負かし、マッカーサーを「二度と俺の前に現れるな」と強い口調で言い放ったそうだ。ところが、興味深いことに本人の実録によると「戦術については、トグトフに教わった」綴っていた。トグトフはモンゴル国の英雄の一人として、故郷を守ろうとして数々の軍閥と戦争を繰る広げられてきたのだ。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中