WBCに沸く日本

 不景気説に春の花粉症で苦しむ日本を元気付けてくれる特効薬が生まれた。それは世界野球試合WBCのテレビ中継なのだ。何といっても、日本チームはこれまで前回のWBCの覇者であり、二連覇という台詞がいつか気が付けば、口癖になっていた。そして、二連覇達成は日本国民の心を擽る、いやむしろ癒してくれるし、夢中させてくれる。子安氏著作の中ではテレビに釘付けとなる日本国民を「一億人の総白痴」と皮肉った。ただ、今回はいい意味で中身は違う。そもそも「一億人の総白痴」というのは情報やニュースをテレビで流れる通りに鵜呑みにする現象を指すのである。ワクワクさせる試合の主役でもある日本チームへの熱烈の応援の現われだ。そして、何よりも面白いのは、あの宿敵韓国チームとは今回準決勝まで4回も対戦したにも拘らず、決勝戦でまたもや闘うことになった。5回目にしてライバルであり、アジア代表同士の日韓がぶつかり合うのは、めでたい試合だし、期待される反面緊張の瞬間でもある。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中