パナソニックを作り上げた男

 普通なら学校生活を送るはずである9歳の男の子が大阪に行き、転々と働きながら、生計を立てる。そして、十数年後に若干23歳で電気器具の製作所を創設したのが後に世界的な大企業に成長したパナソニックの土台になった。学歴重視の今日社会ではなかなか考えられないことだが、知識抜きにして、智恵とやる気で誰にも真似できないことを彼が成し遂げたのだ。1989年95歳で永眠した彼の偉業は、今日まで世界中の経営や管理システムのモデルになっているし、経済界からも研究されつつある。
 僕の中で学歴の浅くて、偉業を成し遂げた日本人には、松下幸之助以外に尊敬すべき人はもう一人いる。それ田中角栄首相なのだ。小学卒業した彼の政治家としての手腕は世界中から評価される対象となっている。智恵は知識より大事かも!
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中