来日十周年

 「光陰は矢の如し」気が付いたら、十年というもの月日を異国の土地で過ごしていた。来日してから今日でちょうど10周年を迎える。中学二年の時から、CCTVの教育チャンネルで流れる日本語講座を意味わからずともエンタテイメントの一つとして興味深く最後まで見届けていた。日本語は美しい言語として世界でも上位ランキング三位に位置される。その言葉の優雅な響きや富士山、桜と歌舞伎代表される日本のシンボル的な映像が僕を思わず希望の世界へ引っ張り込む。心の中で近い将来日本へ行きたいという夢を抱き、決して誰一人に打ち明かすことなく自分一人の世界観を持ちながら、中学時代を過ごしたものだ。なぜならば、当時の物価からしたら、日本との差があまりにも激しく、日本留学と聞いただけで頭を抱える者いた。子供の親にしては、それだけの経済負担はリスクそのものにしか映らなかった。
 親たちのそうしたマイナス思考を押し切り、すべてのリスクを自分で背負いながら、日本の大地に足を踏み入れたのは、十年前の今日だ。振り返ってみると、波乱万丈な十年間だった。成功というものをまだ掴んではいないものの、異国の日本でしか味わうことのできない空気を吸い、人物と接し、自由奔放に生きるというライフスタイルで充実していた。妻子や家庭は持っていないものの、愛に包まれた日々を送ることができた。これからも自分らしさに富んだマイライフに取組んでいくことを誓う。そうだ、誰にも真似できない、そして誰の真似することのない唯我独尊の世界観を持ち続けながら、生きていくことを目標にする。
 
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中