友人の身に不幸が起きる

 このところ暗いニュースが続く。二年前から共に伴組作りに携わっていた星野啓介氏の母親が数年前から軽い認知症にかかったいて、息子としての彼にとって、不安の壺になっていたものの、ついこの間、一昨日心臓発作で永眠されたそうだ。星野啓介氏は大の母親思いの人で、人前で母親のことをよく自慢していた。そんな大事な母親が他界したものだから、彼としてはショックが大きかったに違いない。午前中に、彼の会社を訪れ、彼が不在の中、部下にご霊前を渡し、星野氏のお伺いしたところ、本人はいつもと変らぬ平常心を持って人々と接しているという。それを聞いて僕はいくらか安堵感を覚えたが、その後部下の口から発せられた言葉に衝撃を感じた。昨日の夜星野氏を始め、みんなで飲んだという話を聞かされ、不幸が起きているのになぜお酒を口にするのかなと不思議でたまらなかった。まあ、国柄も習慣も違うということを考慮すれば、自分は冷静になるが・・・・。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中