我が人生に悔いなし

 世の中は正義がいつも勝つと皆固く信じている。しかし、響きのいい正義感が社会の主流になっているように見えて、実のところ不正が横行しているに違いない。最近、中国では銀行の広州支店長が日本円にして十数億円もの公金を横取りし、逃亡先のアメリカで捕まり、裁判で25年の実刑判決を食らうことになった。日本ではクリーンな政治を主張してきた民主党も小沢代表の秘書の不正によってダメージを受け、小沢代表の政治生命につい終わりが訪れた。彼は今日を以って民主党代表の座を辞任することに至った。そのニュースに続き、TBSのチャンネルで流れたドキュメンタリー番組を見て僕はまた衝撃を受けてしまった。現役巡査部長が県警という巨大組織の不正を暴くために、裏金問題を告発した。正義を裁く警察が不正を働いているなんて晴天霹靂だ。番組は一個人として三年という歳月をかけて勝ち目のないと思われた闘いに挑み、最終的に勝ち抜くことを記録する。正義のために職場で孤立し、周りから嫌われる身になり、昇進どころか16年の間に8回も転勤されながらも最後まで自分の意見を貫かせた。その執念深さは敬意に値するものだ。勝訴と共に迎えられた定年退職の際、彼は「我が人生に悔いなし」と言い残し、その場を後にした。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中