注目される邦画

 ハリウッド映画もかつてほどの人気を呼ばなくなり、世界映画界の主役の座もいくらか色褪せてきた。ハリウッドによる映画市場独占の時代はクライマックスを迎えようとしている。第一陣から退きつつあるアメリカの気配を感じたのかわからないが、最近浮上してきたのは日本映画だ。つい最近アカデミー賞を取った映画の「送り人」はここのところ、世界規模で大フィバーを起こしているようだ。日本政府も映画産業に力を入れるようになり、日本映画が魅力を増してきた。日本国内でもハリウッド映画離れ現象が起こり、邦画に傾斜する客流れが物語る。
 日本映画が人気を呼ぶようになってから、「スクリーンの中に居候」する人たちのSと呼ぶに相応しい人が現れる。代表的のは綾瀬はるかに黒木メイサなのだ。綾瀬はるかは日本のドラマや映画には欠かせない存在になり、人気絶頂期にある。代表作の「おっぱいバレー」が注目されている。もう一人の黒木メイサは名脚本家の倉本聡が送り出すドラマの「風のガーデン」で脚光を浴びたのだ。彼女の演技はどちらかというと、かっこいい。ドラマの中で男装麗人の川島芳子の役を見事に演じきった彼女の演技振りが印象的だった。耀く若き女性たちが日本をさらに美しい国にするだろう。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中