三沢が死去

 格闘技で高じる人はアジアの中でも日本がダントツ一位。その種目もプロレス、Kー1、大相撲、PRIDなど様々だ。命がけで参戦する選手の動きたちにも隣の国中国から不思議そうな目線で見られている。一部の人たちはこうした動きについて辛辣な評価を下す。プロレスを「扑劳累死」という中国語の当て字を付け、死を恐れずに命を賭けてやる日本人のスポーツ観念を風刺する。それは恐らく自由民主義国家と社会主義国家の根本的な違いから生じた価値観の問題だと思う。
 そういう言い方を一蹴するような勢いで、日本のプロレス界のカリスマの三沢氏(46)が相手側の技を受け、即死したのは今から12時間前のことだ。三沢氏の死を受け、日本中に撃沈が走った。相手の選手もリング上で土下座しながら号泣した。日本中を沸かしてきた格闘技のプロレスが今日を以って中国人の言いなりの「扑劳累死」になってしまった。三沢氏にご冥福を!
 それと対照的なのは世間を騒がせる寵児の出現だ。千葉市の市長の座を射止めたのはなんと僅か31歳の熊谷という若者だ。史上最年少で市長になった彼の姿をテレビで見たが、左の耳たぶにピアスをつけていたという証拠の穴があった。正に時代を感じさせるヤングパワーの誕生だ。おめでとう!熊谷市長!
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中