8月に突入した

 昨日から8月に突入した。季節がお盆近づいていることを人々に知らせてくれる。日本では、与野党各党が各自のマニフェストを提示し、まもなくやってくる総選挙で議席を多く獲得しようという狙いを露にする。衆議院解散を宣言してから、民主党の政権奪取への動きが加速する。政治的に動揺を見せている国はもう一つある。それは台湾なのだ。馬英九に率いられる与党(国民党)がこのほど中国政府と歩調を合わせ、貿易の自由化を狙うことで、独立派の反感を買っている。でも、何といっても北朝鮮情勢には叶わない。
 そんな政治動向とは裏腹に、国民を熱中させることが密かに進行している。村上春樹の新作が日本を風靡するだけに留まらず、隣の国の韓国でも大変ブレイクしているという。政治の壁を文化で打ち破るという現象が起きている中、村上春樹氏は司令官的な役目を果たした。数年前、歌手で沖縄出身の喜太郎氏が「すべての武器を楽器にする」というテーマで、音楽活動していたのも印象的なことだった。こういう面で一番の成功者はやはり世界のビートルーズであろう。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中