国境問題を巡る中印両国の思惑

近年、中国とインド両国の発展ぶりは著しい。世界の発展途上国の先頭として走る両国は国際的な地位や発言力も増している。両国は七十年代から国境問題を巡って争いを展開してきたほか、インドでのチベット亡命政府の樹立に関与したとして中国にとっては非難の矛先と化していた。経済を重視する時代に突入してから、政治問題を回避し、友好的ムードの中で経済を優先に進めていく上では両国は足並みを揃えていた。だが、最近インドの軍事力の増加は中国でさえ看過できないほどの勢いである。中国と比べ、インドはすでに空母を擁している。インドはその軍事力を全面的に出し、国境を区画するのに、中国の領土から12.5千万平方キロメートルに及ぶ国土を自分の国土に制定してしまった。中国が慌てて、代表団を送り、問題解決を図ろうとしているが、分配はどこに傾くは予測できない。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中