NMTVの番組「賢人たちの集まり」

 内モンゴルテレビ局モンゴル語放送の番組として視聴者たちの注目を集めているのがいくつかある。そのうち、「merged in tsuulgan」(賢人たちの集まり)は高視聴率の獲得番組であり、その反響はモンゴル国まで及んでいる。今まで「HUH SUDUR」(青い書)の著者として知られる丸ごとモンゴルの偉大な作家のインジャナシ氏、「モンゴル秘書」やモンゴル文化などについて専門家たちが述べた。今日オルドスの英雄であるシニラマ(新ラマ)について熱弁してもらった。熱弁者は内モンゴル文連協会の会長であるアユンガ氏なのだ。たまたま、シニラマのファンでもあった僕が番組の観客(エキストラ)として出席した。観客の中にシニラマの子孫、モンゴル国の留学生などが顔を覗かせていた。
 アユンガ氏の講演からシニラマがいかに優れた賢者だったか、いかに勇敢な勇者だったかを一段と深く理解した。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中