地球最後の日

 朝はNHKの太田さんから電話があり、一か月前から取り組んでいるモンゴル国の人文自然科学番組関連の企画について質問される。モンゴル国の自然保護区に棲息する動物たちの現状を十分に撮れるような余地があれば、NHK側も制作に合流するかもという返事に自分のやったことには少し進展があったような実感が沸いてきた。企画が実現したら一大夢が叶うことになる。
 午後から話題作とも言われている2012年という映画を鑑賞する。2012年に地球が滅びるようなことを想定に超スペクタクル映像に満ちたショッキング的な映画だった。この映画はアメリカのNASAが実際に纏めた数々のデータを元にして作られたという。2012年に地球上に前代未聞の災害が起きるというのがNASAが打ち出したメッセージであり、人々への警鐘を鳴らした。面白いことに古代マヤ文明の記述によると、2012年に地球が滅びるという。本当なのであれば、残りわずか2年しかない。億万長者たちは宇宙への切符を手に、旅立つ準備段階?残りの人間はパニックってその時を待つしかないのか。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中