ドキュメンタリー「ハサル」に関する検討会

 今日の15時を以って、フフホト市にある锦江国際ホテルの19階にある会議室にて、フロンボイル統占部部長の孟松林さんと内モンゴルテレビ局ドキュメンタリーセンター共同で大型ドキュメンタリー「ハサル」の企画検討会を開催した。チンギスハーンの実の弟で、モンゴル帝国の形成に大きく貢献した実力者だが、実際は人々の間では囁かれるほどもないくらい影の薄い方なのだ。近年研究者の間では、彼なしではモンゴル帝国を語れないというほど彼の実力認識する動きが出てきた。特にフロンボイルは彼の敷地でもあり、そこを基盤に繁栄を遂げ、拡張し続けてきたそうだ。今日のホルチン部のモンゴル人は皆彼の子孫であり、清朝の建立に献身的な役割を果たしたのである。今日の会議に大学の教授や社会科学院の著名な研究者、内モンゴルテレビ局の敏腕たちが顔を覗かせた。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中