if you want some, come get some

「if you want some,come get some」このフレーズを聞く都度、やる気が奮起させる。だが、実際に臨んだものを手にするのはそう簡単ことではない。だから、人々は失望、挫折という言葉を口にするだろう。今世界中で一番失望しているのは、ハイチの被災者たちであるような気がせずにいられない。懸命に生きようと瓦礫の下で息を凌ぎながら活きることを望むが、救い手の届かない現実が彼らを失望に陥れる。15年前の神戸でマグニチュード7.3度の巨大地震が起こり、神戸市民が同じような境遇に晒された。
 それを吹っ飛ばすような事例が中国経済の加熱ぶりを風刺したとある話題が書物にも登場するようになっている。その内容こう綴られている。中国のある会社の社長が社員たちの引き出そうとしてある言葉をスローガンにすることにした。それは「何かほしければ、すぐ行動に移せ」というフレーズなのだ。すると、それを実施した翌日に財務担当が30万元もの現金を持ち逃げした。二日目にベテラン社員が同業者のほかの業者に引き抜きされていった。数日後に役員の常務が社長美人妻と前からできていて、この時期を待っていたかのように社長夫人を連れ去り、姿を消した。社長が俺もこの会社を潰そうと思っていたと言わんばかりに、社員を全員首にし、破産宣言する。その仕返しに社員たちが社長の今までやってきた不祥事を新聞で暴露した結果、あっけなく社長が逮捕されることになったという。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中