東アジアチャンピオンリーグ

 東アジアチャンピオンリーグ試合が行われる中、2月10日に行われた中国VS韓国対戦で中国代表が3:0の成績で韓国に勝った。32年ぶりに恐韓病を克服したと新聞やネット上で過熱気味に報道していた。2月7日の日本との試合をCCTVも含め国内に向けのテレビ中継を自粛するほど、中国サッカーチームに対する自信を無くしていたのだ。日本との試合結果は0:0だったのが自信喪失への挽回に働き、韓国のとの試合がそうした心境や思いを完全に払拭してくれたようだ。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中