国際結婚の落とし穴

 近年、日本では日本人中高年男性と中国人女性との国際結婚が急増中だとマスコミで度々取り上げられる。それが社会問題を引き起こす原因にもなるから、マスコミ騒ぎ三昧の標的になったであろう。問題の発端は日本の中高年男性は若くて綺麗な女性を伴侶にして、第二の人生を楽しく過ごすという願望に、金稼ぎ目的で来日を目指す中国人女性の願望が一致し、即ゴールインになるのだ。しかし、目指すところが違う、思いのすれ違いのせいで、一二年で離婚になるか、奥さんに逃げられるかという実態が続発するわけだ。中国人妻は出稼ぎのために、ビザの確保の一環に過ぎなかった。無論中には多額の借金を背負ってくる人もいるが、結婚当初は日本人旦那には知る由もない。日本上陸してまもなくどこかへと姿を消す中国人妻に戸惑いを感じ、結婚してくれた理由を突き止めると借金があるとか金のために日本にやってきたとか淡々と述べる。
 中国では男女の比率が激しく、男性が多いため、嫁不足は社会問題になりつつある。大きな溝を埋めるためにもわざわざ異国の地に犠牲を払って、出稼ぎに来るべきではない。大の愛国心の持ち主だとして知られる中国人だから、誇りを以って母国に留まったほうが良いのではないのか。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中