牛飼いと織姫の物語を再現する

 今日の天気は春の天気と言われんばかりに、温度は昨日より10度も低く、雨にと伴う荒れた一日となった。先月の半ばころに日本を訪れ、凡そ一カ月の滞在を終え、昨日の朝の便で帰国したドイツ留学中のムンフダライ氏。彼はドイツの大学院を修了し、就職活動期というドイツの大学ならではの特別なシステムに置かれているのだ。僕とは中学時代のクラスメートで良き仲間た。スポーツ万能に勉強もできて、一際目立つ存在だったものの、女性に対しては、やや臆病だった。そんな彼がついに日本とドイツという東西を結ぶような度派手な恋を咲かせた。その恋を実らせるために、名古屋を訪れたわけだ。一か月に渡って名古屋を満喫した後に、Uターンし、内モンゴルに二週間程度滞在し、「意志の勝利」を得たかのようにヒトラーの祖国へ戻るわけだ。
 牛飼いと織姫の物語を再現するなら今のところ、彼は牛飼いの役、いやドイツだから、カウボーイと称す。彼はまもなく、その切ない恋物語を実りのある恋物語に編集して、実演してくれるだろう。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中