红鸡下的蛋

 中国ロック界の元祖の崔健がこの日を機に川口リリアメインホールにてコンサートを開き、熱く燃え上がりを見せた。崔健に先立ってトップバッターを振ったのはダイチンというモンゴル族のボーカルに中国ロック界の若きS「瘦人乐队」なのだ。場所沸かせのためにいくつかものノリのいい曲を披露してくれた。僕としては崔健よりもむしろ「瘦人乐队」のほうが一際目立った具合だ。だけど、崔健も衰えを見せず「红鸡下的蛋」「一无所有」などの名曲で客の心を引きつけた。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中