1Q84の下巻

 村上春樹の著作「1Q84」は日本の本屋さんのベストセラーコーナーから売り切れ続出するほどの人気を施している。それだけ彼のエピソードは読書の心をくすぐるものを持っているのだ。小説によって生き方まで変えてしまった人だって、今まで何人も会っている。果たして、この「1Q84」がどれだけの人の生き方を変えるのであろう?上中下三巻でできている長編小説、僕は今まで上中を読破した。これから、下巻に挑戦する。
 クラスメートのナラス君とさきほど電話でやり取りし、新しい命が誕生したのは一か月前のことだと思うが、生まれたばかりの息子にuudelguunという珍しい名前を付けたことを告げられる。発明、創造という意味の名前だが、未来の開拓に相応しい。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中