世界を餌食にするロスチャイルド家

 人々は世界一の富豪という称号をいつもビル・ゲイツとオーレン・バーフェクトの二人の身に当てていた。それはメディア宣伝を鵜呑みにする現代人の癖がそういう認識をもたらしただろう。しかし、本物の地球の主たる屈指の富豪は皆さんの想像を覆すかのようにロスチャイルドというユダヤ人一族だった。財閥の創始者とは1744年生まれのロスチャイルドだった。彼は後に5人の息子に恵まれ、それぞれ全員をイギリス、フランスなどのヨーロッパ主要国に派遣し、金融業を独断占拠したのだ。第二次世界大戦の際、ロスチャイルド家の総資産は60億ドルに上り、当時の全世界予算の50%を占め、それが今は50万億ドルにまで膨らんでいるのだ。ユダヤ人虐殺に明け暮れた第二次世界大戦時でさえ、各国揃ってロスチャイルド家から多額の資金を借りている。それが後のユダヤ人国家のイスラエル建国に大きな役割を果たしている。実際にイギリス政府に膨大な資金提供することで、イギリスにイスラエルの形成を認可させ、後押しさせた。日露戦争の際、一時の日銀総裁の高橋氏も戦費集めにヨーロッパ各国に頭を下げたものの、願いが適わず、最終的にロスチャイルド家につながるユダヤ人に金を借り出すことに成功した。日本が勝つことで金を貸したユダヤ人が大儲けしたそうだ。彼ら一族が地球の周り方から生命線まで掌握していると思うと、我々一般人は無力で微少なものでしかなくなると悔しくてたまらない。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中