活きる

 海外でも翻訳され、ベストセラーのコーナーを飾ったことがあり、中国映画界の巨匠であるチャンイーモウ監督によって、映画化されたこともある小説「活着」(活きる)を手に取り、読み始めた。今年、ニューズウイークのコラムで、本作の作家である余華氏をインタビューした内容を掲載されていたのを立ち読みしたことがある。コラムでは中国のもっとも実力のある、有望な作家であると評価された上で、彼の執筆した小説はなぜそれだけ人気を呼ぶかについて分析を加えていた。彼の小説は中国でも発禁されずに続々と出版されるのは、彼の小説の内容は文化大革命に触れたとしても、天安門事件に触れないのが成功を収める秘訣に繋がると結論付けていた。余華は歯科医として五年も勤めた経歴があり、その医者としての繊細さ生かして、社会観察に没頭することで、傑作を生み続けることができただろう。「活きる」以外に最近注目を集めているのは、ある兄弟の活き方や波乱と成功に纏わる人生を描いた作品(タイトルを度忘れ)なのだ。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中