世界中を震撼させたスパイ事件

 インターネットが普及された現代では、スパイの存在が薄らいできた。知りたいことをパソコンに入力して、クリックすれば予想を遥かに上回る膨大な量の情報が目の前に広がるはずだ。しかし、それでもスパイというのはやはり必要なわけだ。一国の政治動向や政策を入手するのに、スパイが欠かせられない。なぜならば、政府機関の情報は公開しない、インターネットに掲載されないからだ。6月28日、ロシアのメドベージェフ大統領が米国での正式訪問を終え、帰国への旅に立った時だった。米国内に潜伏中の11人のロシア人スパイが一斉にFBIによって、逮捕された。ロシアの大統領を見送ってからの逮捕劇もなんだか、皮肉で米国の頭の良さが伺える一点である。
 11人のスパイの中に絶対的な存在感を保ち、暗躍していたのはなんと28歳の女性だった。経済修士でイギリス国籍を持つこの女性は自慢の美貌でイギリスの王子や富豪のオーレン・バフィットとも接触したことがあり、経済的にも余裕があり、上流階級の仲間入りを果たそうとしていた。19歳の時にイギリス人男性と結婚したのが彼女にイギリスの国籍をもたらしたわけだ。4年間の結婚生活に終止符を打ち、離婚したのちに米国へ渡り、学問やビジネスに取り組み、300万ドルもの資産を手にした。
 そんな彼女がなぜスパイを働く必要があったのか?KGBという組織が彼女の運命を引き裂いた。彼女の父親がKGBのメンバーで、娘に直接命令を下していたとされる。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中