あっという間に過ぎ去ってしまった一ヶ月

 日記を更新しない日が一ヶ月以上続いた。「忙しすぎる」と格好付けた口調で自分に言い聞かせたいが、中身が物足りないような感じがして、充実感はなかなか浮かんでこない。過ぎ去ってしまった一月を振り返ってみると、人生一大イベントである通過儀礼を行ったのが、生涯忘れがたい出来事として脳裏に刻まれるに違いない。生涯のパートナーをゲットできたのは、神様に感謝すべきことだ。9月17,18日という二日間が千人以上の客に囲まれる中で、式が行われた。人は何のために生きるのだろう?僕なりに分析すれば、親への恩返しという責務以外にもう一つ人々を生きさせる理由がある。それは明日があるからだ。皆明くる日にいいことがあると信じ、苦痛を忘れ、生き続けるのだ。希望というのは生命を延ばす力の原点だと確信した。
広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中