内モンゴル海運会社

かつて、チンギスハーンを初めに、フビライハーンなどのモンゴルの皇帝たちがユーラシア大陸を制覇し、例に見れない巨大帝国を築き上げたのはご周知のことだ。だが、彼らは支配下に置いたのはほとんど陸地ばかりだった。海洋を越えてまで膨張することはなかった。彼らは海とは無縁のように終始海という領域で活躍することはなかった。その遣り残しの事業を受け継いだかのようにH氏は10年もの歳月をかけて、今年の5月中に内モンゴル海運会社を設立することに成功した。何より大変だったのは謄本書への許可だった。立ちはだかる壁は多かった。数々の難関を突破して、やっと看板を手にしたのだ。
今後、内モンゴル自治区の豊富な資源が自分たちのルートや船で中国の海岸地方、もっと言うと海外まで運ばれるになるのだ。それは今後の内モンゴル自治区の発展に繋がる大きな出来事だと捉えて良いと思う。

広告
カテゴリー: 未分类 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中